メール配信の目的やメリットについて

メール配信はマーケティングの基本として利用されることが多い方法です。顧客がどのような情報を求めているのかをキャッチして最適なタイミングで届けることが大切とされています。そしてこの配信は自社にある顧客のデータベースにそって一斉に情報提供することでムダなリソースや経費をかけずにその効果を高めるとされています。
ただリストに含まれる人々は商品やサービスに対する知識や要望、興味の度合いも違い、これらに対して同様の情報を送信するにはあるターゲットに対して確実に顧客を獲得する方法でなされる必要があります。
それには手持ちのリストを一度整理し、アドレス以外に年齢や性別、住所、購入日、購入金額などからグループ化して送信のためのリストを作り直すという作業も必要になって来ます。

顧客リストのグループ化で大切なこととは

メール配信を行う場合にはグループ化が大切で、その際にターゲティングとセグメンテーションが大切になって来ます。すでに関係が築かれている見込み客やこれからも良い関係を築いて行きたい見込み客、そしてまだ関係性が築かれていない顧客という細やかなグループ分けが求められます。余り項目の数を増やさずに今後も改善して行ける範囲に留めておきます。
目的がリピート購入にある場合はRFM分析などが役立つことになります。RFM分析はRecencyは直近の購入歴、 Frequencyは購入頻度、そしてMonetaryは購入金額を意味しこれらの項目でそれぞれをポイント化し、その合計点で顧客のランク付けを行って優先順位をつけるターゲット手法のことを言います。
さらに近年では商品カテゴリーや顧客のプロフィールの項目も加味して行われるようになって来ています。

顧客情報が少ない場合の対処法としては

手持ちの顧客リストにメールアドレス以外の情報がない場合ということもあり得ます。その際には複数回の送信を通してその結果から様子を見ながら理想とするものをグループ化して行きます。送信内容を先方で開いたか否か、文中に記載されているURLをクリックしたか否かなどをグループ分けの指標にし、少しずつセグメント化して行くのが良いとされています。
目標設定については前記のように3つの顧客のケースがあり、それぞれに対してうまく誘導してその温度感を上げて行くことが重要になります。
また、一定の割合でこれを解除するケースが表れますが、その場合はこれから先送信することができなくなります。解除率は1度の送信について0.5%未満とされていますがその際には残った顧客を大切にしていくことになります。

Googleアナリティクス連携をはじめ、外部連携にも対応。 PC用に作成したHTMLメールをスマートフォンで受け取った場合、自動で最適化されて表示できます。 関東近辺の企業様へは、弊社営業担当者が伺って実際の画面をご覧いただきながら操作説明を行います! 専任のサポートスタッフが、問い合わせから最適な活用方法まで幅広くサポートさせていただきます。 メールの配信のことならサパナへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

メール配信はマルチデバイス対応が必須の時代へ

今やメールはスタンダードなパソコンからスマートフォンやタブレットに留まらず携帯ゲーム機なども加わった多岐にわたるさまざまなデバイスによって受信して閲覧される可能性があります。つい数年前までは多くてもパ...

配信メールにHTMLを使うと?

HTMLは、インターネット上のページに多く使われる、簡単な記載方法の規格の一つです。メールの本文の部分でもこの機能は利用可能です。この規則に従って記述することで、どんな端末を使っている人であっても、よ...

大量のメール配信は業者に任せるのが一番

企業から顧客に対して配信されるメールやメルマガは色々な人に送らなければなりませんが、必ずしもすべての人に読んでもらえるとは限りません、中には受信したものを読まないという人も少なくないので、読んでもらえ...

メール配信サービスの費用とその選び方

メールによるマーケティングを行う際、重要な要素のひとつとして情報の鮮度が挙げられます。新しい情報は時間が経過するとともにその価値は低下していき、早いものであれば数日で価値が大きく低減してしまうという性...